花は折りたし梢は高し

とにかくいろいろうまくいかねーなってことを書いていこうと思います。

固形物を食べない生活を数日だけして感じたことを書いてみる

生まれて初めてゆるく断食的なことをした。

 

この時期に熱中症と合わさってぶっ倒れても迷惑だし、日頃から乱れ気味の腸内環境も心配なので、1日1回~2回程度、豆乳を飲んだり、ヨーグルトなどを食べてたりをしているので、厳密に断食とは言えないかもしれない。

サプリメントと常用薬以外の固形物を口にしていない。

毎日飲んでたコーヒーも控えているし、お茶も飲んでいない。

 

1日目はお腹が鳴って仕方なかったが、時間の経過とともに空腹感は和らいだ。

お腹はたまに思い出したように鳴る。

頭がなんとなく重いとかはあるけれど、むしろお腹が重くない感じが軽やかで心地よい。

必ず健康診断でひっかかる、胃のためにもいいのかもしれない。

 

ちなみに、同居人には隠しているわけではないが、あえて言ってもいない。

そもそも気付かれてもいない。

 

ああ、お互いの食に対する興味ってそんなものよね。と思う。

 

そして日頃、どれだけ自分がいいかげんな食生活を送っていたかが分かる。

食べ物に失礼だ。もっと敬意を払おう、と考える。

 

私は食べることが子供の頃から大好きで、それはもう妄執と言っていいほど好きすぎて、肥満児だった。

親の目を盗んでどれだけお菓子やらおかずやらを食べたことか。

食べるものが見当たらなければ、自分で冷蔵庫にある食材を料理して食べた。

今思うと、ちょっと異常なまでに食べ物を求めていた。

 

初めてダイエットをしたのは高校生の時。

どうやったのかは忘れたけど、とにかくなんかやみくもに歩いたり、ひたすらにこんにゃくを食べたり。

かなりキツかったことを覚えている。

 

そのあとも幾度となくダイエットしてみたり戻ってみたり。

 

私は大人になり、基本体重計に乗らなくなった。

心が欲するものを欲するように食べるようにした。

例えば本当はお米が好きじゃない。だからお米を食べなくなった。

その分卵やお肉や豆という私の好物を食べたいように食べた。

 

次第に、異常な食への執着は薄らいだ。

◯◯せねば、という抑圧が余計によくなかったのかもしれない。

 

気づけばなんとなく、体はすっきりしたし、それをキープできるようになっていた。

肥満とかまでは言われなくなったし、人よりは太ましいとしても、まあそれはいいや、と思った。

モデルさんのように欲しくなりたいわけではない。(なりたくないわけでもないけど)

 

それが最近、どうも体が重い。顔も丸い。

心当たりはある。

加齢による基礎代謝の低下やらはもちろん、服薬の影響も。

 

ダイエットしようとは思わなかった。

ただ純粋に、食生活を変えていないのに不思議だなあ、いやだなあ、と思っていた。

 

鏡を見るたび、丸い顔にげんなりしていた。

 

そして必要に迫られた。2年前にイージーオーダーで作ったタイトなドレスがキツくてファスナーが上がらない。

ぐぬぬ。服が縮んだなんて訳はないのはわかっていた。

 

ラインを絞るために入っている、ダーツを外せばいけるけども。

いや、それも何かに負けたみたいでやだな。

いっそ違う服…いや、それはダメだ。周りとの兼ね合いもある。

 

そこで食べ物と距離を置いてみようかな、とふと思った。

痩せたかった、というよりは、純粋な執着の放棄。

 

断食は感覚が冴えて超体験ができる、ともよく聞くし。

中途半端に「これだけ食べていい」みたいなのもやめて、固形物は食べない。

それでとりあえずしばらく過ごすことを決めた。

 

普通に仕事もしているし、普通に習い事の運動もした。

毎日こだわっていた飢餓感へ応じることや、食への執着がどれだけ生活に関係がなかったかを感じる。

 

呼吸ひとつで、血が巡るのを感じる。

体をいたわる気持ちになる。

 

考えてみればうちの小さな家族たちも、とてつもない食の執着を持っていながらも、種としては1.2週間程度食べなくても全然平気らしい。

私はあの子達よりよっぽど生命力も強いし、蓄えだってある。

そりゃあ多少食べなくても平気だわ。

それを何をあんなに食べたい食べたいなってたのだか…食への執着からの解放は、こんなに楽になるものなのか。

 

なんだか食べるということに対して、もっとラフに楽しんで付き合いたいなあと思う。

例えば、一人で美味しいものを食べるんじゃなくて、大事な人と食べるから美味しいってこととか。

どんなに些細なものでも、もっと「味わって」「丁寧に」食べられるようになりたいなあ。

 

得るものが思ったよりも多かった。

断食、いいな。かっこよく言うと、ファスティング

苦行でしかないと思ってたけど、そんなことは全然なくて。

楽しいものではないけれど、たまにあるといいかもしれない。

 

仕事にさえ行かないでいいなら、水だけで過ごしてみたいとすら思う。

そして読書をしたり、のんびりしたり、瞑想したりして一人で過ごすのだ。

 

そして無事、ドレスのファスナーは上がり、ことなきを得たのだった。

痩せたという感覚はまったくなくて、ただ浮腫みや老廃物が流れたような、すっきりした感覚はあった。

肌の調子も心なしかいいような気がする。

 

問題はここからである。

気づけば6日間固形物を食べていない。からの復食。

何から食べていいのかよく分からない。ネットを調べれば重湯だのと出てくる。

なんかなあ、なんとなく、お米や麺は心が乗らないなあ。

もっとこう、違うものがいいなあ。

 

やっぱり心に聞いてみよう。

 

味覚は鋭くなっている気がする。

そこから、残り物の野菜をたくさん煮て作ったスープを食べた。

水切りヨーグルトが蜂蜜入りに昇格した。

市販の冷製ポタージュやプリンも食べてみた。豆乳はお昼に飲む。

一番今の所しっくり来ているのは茶碗蒸し。

これなら冷たくても温かくても美味しいし、お腹も痛くならない。

 

そうして慣らしているうちに、日に日に食べられるものが増えていっている。

感覚が戻っていくその感覚も楽しんでいきたいと思う。

 

明日は人並みなランチを食べる予定。

はてさてどうなることか。